オゾン+マイクロ・ナノバブル+活性炭素担体を利用した

先進の排水処理システム

オーザック排水処理システム

オゾンによるOHラジカル反応とマイクロ・ナノバブルの圧壊作用等により、有機物を直接分解することでBOD・CODを大幅に低減する、従来では考えられなかった省エネルギーと汚泥減容を可能にしたシステムです。

 

調整槽に設置されたYJノズルから、オゾン+マイクロ・ナノバブルを放出させ、最も強力な酸化力を有するオゾンが大量のOHラジカルを発生し、有機物を物理的に分解します。オゾンにより分解が促進された廃液が、活性炭含有スポンジ担体が敷設された曝気槽へ移行。オゾンは数時間程度は残存する場合がありますが、活性炭の作用によりオゾンが酸素に変化し、高濃度純酸素供給が担体のマイクロポーラス内で行われるため、通常の曝気以上に微生物が活性化し分解性を高めます。

 

またマイクロ・ナノバブル水は浸透性を高めるという特徴があります。この活性炭含有スポンジ担体の表面には極限に活性化した好気性微生物が大量に発生しますが、この担体の内部には通性嫌気性微生物も繁殖しています。

 

この微生物は通常の曝気水では殆ど仕事を行いませんが、マイクロ・ナノバブル水の場合は水の浸透性を高めるため、担体内部まで水が浸入しやすくなり、マイクロ・ナノバブルの刺激により通性嫌気性微生物も活性化します。

好気性微生物と通性嫌気性微生物の両方が活性化

この結果、好気性微生物と通性嫌気性微生物の両方が活性化し、食物連鎖を起こす事でSSや汚泥の発生がさらに抑えられます。この活性炭含有スポンジ担体が敷設された曝気槽への曝気をYJノズルで行うと、流路内の激しい乱流と、その圧壊作用によりSSが分解してしまうために余剰汚泥は殆ど発生せず、そのまま河川、水路、海域、下水放流が可能となります。

システムの特徴

① 余剰汚泥発生量が極小です。(標準活性汚泥処理の1/3以下)

② 電気使用量の削減が可能です。(標準活性汚泥の1/3~2/3)

③ 大幅な処理能力アップが可能です。(従来の2倍以上)

④ 簡単設置!従来の設備に投入するだけ。(既設に採用が可能です)

⑤ 省スペース化が可能です。(標準活性汚泥法の1/4~1/2)

⑥ n-Hex、SS対策(厨房除害等)、臭気対策にも最適です。

⑦ 含有活性炭の遠赤外線効果により、10℃以下の低温でも稼働。

システム構成機器

マイクロ・ナノバブル発生装置

「YJノズル」

マイクロ・ナノバブルは直径が数百ナノメートル~10マイクロメートル(1/100mm)以下の気泡のことであり、汚れの吸着や悪臭の改善など様々な効果があります。YJノズルは一般汎用ポンプ(水中ポンプなど)で給水するだけでマイクロ・ナノバブルを含んだ大量の曝気水を水中に放出することができます。

高出力オゾン発生装置

「オゾナイザーEVO3G」 

オゾンは酸素をはるかに凌ぐ強力な酸化力を有し、大量のOHラジカル発生により有機物の分解や悪臭成分の脱臭、排水の脱色などの幅広い用途で利用されます。原水槽から出た廃水をマイクロ・ナノバブル化されたオゾン反応槽で酸化反応を行い、有機物を物理的に分解していきます。

活性炭含有スポンジ担体

「ACBキャリア」

従来にはない、画期的な活性炭含有担体です。活性炭にCOD、BOD成分を吸着させ、スポンジに付着した微生物が有機物を分解します。オゾンとの併用による高濃度純酸素供給により、微生物が通常の曝気以上に活性化し、従来は分解が困難だった難分解性の物質も微生物処理が可能になります。

オーザック排水処理システム 実証プラント

流量100t/日の処理をわずか合計60tのタンクで処理しています。臭気も発生することなく、余剰汚泥が殆ど出ないため沈殿槽を必要とせず、河川放流を実現した画期的なシステムです。冬の積雪による10℃の低水温でも稼働しています。

水質汚濁防止法規制値

BOD   60mg/L   COD 160mg/L

n-Hex 30mg/L   SS      90mg/L